入園・入学式のママの服装の基本ポイントです。

一般的に、明るめの色合いのスーツのイメージが強い入学式・入園式ですが、それは「式典の意味合い」と「季節」が深~く関係しています。

入学式・入園式の意味合いは

入学式・入園式は「子供成長を祝う」とともに、「新しい出会い」の行事という意味あいがあります。 そして、季節は清々しい「春」の4月。

それなので、ママが着るスーツは、クリーム色やベージュ、パステルピンク、ホワイトなどの春らしい明るい色合いが一般的には ふさわしいと言われます。

チャコールグレーや黒などのダークな色合いのスーツの場合なら、コサージュやスカーフなどで春らしさや 明るさを出すのがポイント。

薄いピンク色のスーツ

そして、洋服なら、以下の3つのスタイルのいずれか。

ワンピーススーツ

スカートスーツ

パンツスーツ

スーツといえば、上下同素材のアンサンブル・スーツを思い浮かべてしまいますが、最近では、上下異素材のスーツも人気です。

そして、パンツスーツに関しては、気になる方もいらっしゃると思いますが、入学式や入園式では、ママのパンツスーツも失礼にはあたりません。

それに、小物を合わせます。

ママのスーツに合わせる小物は

formalbag

  • ハンドバッグ (フォーマルバッグ)

大きさは小型から、大きくとも30cm位まで。
荷物が多くなりそうなときは、サブバッグで対応します。
サブバッグも、きちんとした印象のものを。

パンプス

パンプス(フォーマルパンプス)

きちんとした印象のパンプスを履きます。
ヒールの高さは5cm位が上品できれいに見えます。
妊婦さん(マタニティママ)は、フラットなパンプスで大丈夫です。

コサージュ画像

コサージュやブローチ、ネックレス

必須ではありませんが、コサージュを付けると、装いが華やかになります。
ネックレスは、パールが人気ですが、それ以外も素敵です。

ただし、入園・入学する学校の校風や地域差によって ママの入園式や入学式の服装は違う場合もありますので、確認してみて下さい。私立の伝統校によっては、ママは濃紺スーツという場合もあり。