ブラックフォーマルの本来の意味とブラックフォーマルを着る時の注意点。

女性のブラックフォーマル(礼服)の考え方

ブラックフォーマルとは、いわゆる冠婚葬祭で身につける礼服のうち、黒の礼服のことを言います。

最近では、ブラックフォーマルの用途が広くなりつつあり、ブラックフォーマルは、慶事・弔事(冠婚葬祭用)両方着られる黒いスーツという認識に変わってきています。

男性の場合は、もともと慶弔の区別はネクタイ以外ありませんでしたが、女性の場合は、葬儀や法事など、弔事のためのフォーマル服と慶事の服は全く違うものでした。

それなので、ひと昔前(今のママ世代の親の世代位)なら女性のブラックフォーマルは、慶事の席では着る事はほとんどありませんでした。(多少の地域差はあります)

ブラックフォーマルを卒業式や入学式に着る時の注意

ブラックフォーマルは、弔事にも着られるように 光を押さえたシックなデザインのものが多いです。

それなので、お祝いのシーンでは、コサージュやネックレスなどで、お祝いにふさわしく華やかな着こなしをすることがポイントです。

特に気を付けたいのがインナーブラウス。喪の場合は、インナーは黒いブラウスがマナーなので、喪服を思わせないためにも、黒以外を合わせる事も大切です。白やうすいピンクなどの華やかなインナーを合わせると、華やかさもアップします。

ブラックフォーマルを着る時は、「喪」の雰囲気を感じさせない着こなしが重要です。

(参考)三越のブラックフォーマル
三越ブラックフォーマルの種類と素材